ゲスト講師による講義

ゲスト講師による講義

講義概要

日本政策学校では、相手の主張の根拠を深く理解したうえで討議を重ね、
お互いの論旨を磨きあう「議論(argument)」を身につけることを重視します。

決して仲間内だけの討議に陥らず、イデオロギーや陣営の垣根を越え、
自分とは正反対の主義・主張をもつ専門家や受講生と論争を重ねながら、
自身の政策論のブラッシュアップにつなげていきます。

従いましてゲスト講師による講師陣も異なる主義主張を持たれる方々が揃っており、
講義テーマも多岐に富んでいます。

講義の進行は、チームごとに受講生自身が担当

講義の進行は、チームごとに受講生自身が担当します。

単なる”講義を受ける側”ではなく、”講義をつくる側”としてより主体的に授業に関わることで、
活発な議論を生むためのスキルと思考を身をもって学ぶことができます。

実際の講義構成は、講師による講義を前半部分で行い、
後半部分では講師に対する質問の時間及び議論の時間を多く割く予定です。

各分野で深い経験を持たれる講師陣の考えやその根拠に触れ、
ご自身の理念や考えを更に深めていただきたいと思います。

議論は正に真剣勝負かつ自由な議論の場であり、
受講生の皆様がご自身の考えを受講生同士のみならず講師にもぶつけていただくことで、
より多面的な物の見方を身につけていただければと思います。

このページの先頭へ