実践的アプローチ

実践的アプローチ

受講生主体の政治イノベーションプロジェクト~ソーシャルシンクタンクプロジェクト~

本校では、受講生主体にて日本の新しい民主主義や政治にイノベーションを起こすのためのプロジェクトを推進します。
それにより、透明性があり、多様な民意に基づく双方向性のある日本の民主主義や政治の実現を目指します。

ソーシャルシンクタンクプロジェクト

「ソーシャルシンクタンク」は、一般の市民が参加・議論して、政策をつくるためのプラットフォームです。
日本には官僚機構に対して民間のシンクタンクの力が弱く、それが政策に民意を反映させにくい要因の1つであるとも言われています。「ソーシャルシンクタンク」は「民間の公共政策シンクタンク」として、ここに生まれました。「ソーシャルシンクタンク」は市民の意見を集合知としてまとめ、政策立案をし、国会議員、首長等と連携し、議員立法や自治体での政策実現を推進します。また、ソーシャルシンクタンクサイト 『渋谷区部屋』を活用した政策立案と渋谷区部屋の中で議論された政策を反映させる「市民参加型の政治マンガ」の連載も行います。

政策論点を解説した本・記事の執筆

各講義にて教わった論点を基に 政策ポジション図と論点解説を執筆します。

神奈川県立高校で出張講義の実施

2014年5月より5回 高校生向けに 出張講義を実施しました。

首長番組の実施

ニコニコ生放送にて首長に出演いただき、民意をきちんと把握し、政策を実行する方法について対談いただきます。
これまでに吉田横須賀市長、松尾鎌倉市長らにご出演いただきました。

 

 

 

 

このページの先頭へ


 

現場視察

さまざまな社会問題の焦点となっている現場を視察し、
 座学では得られない学びを得よう。

私たちの社会におけるさまざまな課題は、現場を訪れ、現場の人々と
対話することにより、本質的理解を深めることができます。
本学では、受講生自身が関心の高い領域を選んで企画をし幅広い分野での現場視察を行います。

 

このページの先頭へ